スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ⇐クリックしてね!
にほんブログ村

白点病

前回のUP以降、次々と魚たちが☆になってしまった。

古株でやっとイソギンチャクと共生したカクレクマノミまで・・・。


寂しくなった水槽へ安い魚を連れてきたのだが
ことごとく☆に。


原因を究明するまでは
魚の新規導入は難しく2週間ほど開けて
新たにカクレクマノミのペアを買ってきた。


ところが3日目で内一匹が白点病を発症。

白点病とは白点虫という菌が魚に寄生、栄養を吸収してしまう恐ろしい病気。

更に厄介なのは、養分を吸収した後、
魚から離れて水槽低底で卵となり、その後大量に増殖する。

それがまた魚に寄生し、エラや肺にまで達すると
魚は餌を食べれなくなり、死に至る

アクアリストなら誰もが知ってる病気だ。


もう流石に☆にしたくないと思い
まずはカクレクマノミをプラケースに隔離。

28度と高めにヒーターを設定し
白点虫のサイクルを早め
白点虫が魚体から離れた時を逃さずに全換水。

この作業を5日繰り返したところ
カクレから白点が消えた。

まだ安心してはいけないのだが、これ以上の体力消耗も危険だと思い
本水槽へ戻す。

ただし餌を食べてもらい体力をつけねばならないので
隔離ケースで隔離。

その後一週間ブラインシュリンプを沢山与え、様子を見た。

その間にも新たにフィルターを導入。


51899024_1650146229_52small.jpg


海道河童(大)!
このネーミングww
上のカップ部分が河童のそれと似ていることから名付けられた。
フィルターとプロテインスキマーとしての能力を発揮してくれるスグレモノ。

プロテインスキマーはバクテリアだけでは分解できない
養分を細かな気泡で押し上げて取ってくれる機材。
茶ゴケの発生を抑えたり、噂によれば白点虫などの細菌も排出してくれるとか・・。
ただし、サンゴや石灰藻が必要とするカルシウムなど大切な養分も排出してしまうので
使用(泡の調整)には注意が必要。

さっそくカップに茶色くて臭い汚れた水が溜まっています・・。



カクレは一ヶ月経った今も白点の症状は見られず無事完治したようだ。

今は元気に水槽をペアで泳いでいる。
51899024_1650146234_21small.jpg



続いてチャームで買ったルリヤッコ。
51899024_1650153194_54small.jpg



水合わせ中に白点病を確認。

水槽には入れずそのまま隔離して様子を見る。




カクレと同じく白点虫離れる→全換水で様子をみたが
餌も食べず弱る一方。
グリーンFゴールドでの薬浴も行ったが甲斐なく3日後☆に。

チャームさんに写真をとって送ると
やはり白点病との事で金額は保証してもらいました。

水槽に入れていないうちにかかった病気なので
輸送中のストレスか温度変化が原因。

だけどやっぱり生物の死を見るのは辛いですね・・・。


その後迎えたチリメンヤッコ

51899024_1650146239_55small.jpg


近くのショップで買ってきたもの。
このショップは安いので利用しますが
ハッキリ言って信用してませんw
だって泳いでる魚、明らかに元気ないし・・・

案の定、水合わせ中に痒がっている様子が伺え、白点の疑い有り。
隔離ケースで飼育。

魚の体に白点虫がつくのは発症から3日後という観点から
ショップでの感染が予想されます。

しかしながら、
この子餌付けされていたので人工餌はバクバク食べてくれます。

一日だけグリーンFゴールドで薬浴。

その後本水槽に戻し今は白点もなく元気に泳ぎ回っています。



今回、白点病に悩まされ

色んなサイトや文献など経験も含めかなり、勉強しましたので考察を記します。



白点病とは

白点病は人間で言う風邪のような症状で
環境や水質、水温などの変化によるストレスで体力が落ちた魚が発症する病気。

治療

薬による治療
今回使用したグリーンFゴールドは免疫力を高める薬であって
白点病に対して効き目はない。
白点虫に!と書かれた薬がたくさんあるが
当然、自然界に存在するものではないので生態系に何かしら影響があると思う。
ある薬は甲殻類や貝に。
ある薬はサンゴやイソギンチャクに。

またある水槽では効果があったが、ある水槽では全く効果がないという書き込みが多く見られる
為、どの薬も一概に効果があるとは言えない。

そして薬による治療で最悪なのは水槽内のバクテリアを殺してしまう事。
バクテリアが死んでしまえば水槽は崩壊という大惨事に。。

よって薬は隔離して使うか使用しないに限る。



低比重法による治療
塩分濃度を下げることによって白点虫のシスト(卵)を破裂させる治療。
効果はあるようだが、やはり長期飼育を考えると後々魚に影響が出そう。

銅による治療
白点虫に対してかなり効き目があるらしいが
劇薬であるため、入手には身分証明書が必要で規定量を誤ると簡単に魚を全滅させてしまう。
実際に白点病の治療をしようと銅をいれたら殺してしまったという報告が多い。
これでは本末転倒。

と色んな治療方法があるが
今回、色んなサイトや文献を読みあさり色んな方法を模索したが
下記の方法が一番、理に適っており一番安全な治療方法だと思った。


放置による治療

魚自体は放置でいいが人間がすることは多くある。

白点病は人間で言う風邪。
白点病を治すには魚本来の体力が必要。

体力をつけるには充分に餌を与え
できるだけストレス(水質の変化、水温の変化、他の魚からのイジメなど)の無い環境を作ってあげる
必要がある。

また白点病は感染しない為、症状が軽い場合は本水槽での治療が好ましい。


全換水による治療

隔離して水質悪化やストレスを与え続けてしまえば逆効果。

餌も沢山食べ体力がある場合のみこの方法で行う。
隔離して白点虫のサイクルを理解し全換水し
白点虫を一緒に捨て、白点虫のサイクルを断ち切る。



このことから白点病と言ってもただの風邪程度と思い、慌てて治療を行わないこと。

また日頃から水質や水温、環境の管理さえ徹底していれば
白点病を抑えることも出来ると、とても良い勉強になった。


あくまで自分の考察なので参考程度に
スポンサーサイト
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ⇐クリックしてね!
にほんブログ村
プロフィール

カティフラム

Author:カティフラム
海水魚飼育を初めて3年目
ど素人で毎日四苦八苦(;´Д`A ```
少ない小遣いでチマチマやっております

タンクデータ
【水槽】
90×45×60
サイフォン式三重管OF
濾過槽45×30×30
【照明】
Power LED URCHIN c-1 インディゴブルー×2
Grassy LeDio9 plus DEEP400UV
【スキマー】
リーフオクトパス
【クーラー】
ゼンスイ ZR-75E
【ウェーブポンプ】
jabao WP-25
【人工海水】
インスタントオーシャン
【餌】
テトラマリン顆粒
メガバイトグリーンS
メディマリン
SURE

タンクメイト
カクレクマノミ1号
(2012/5/12) カクレクマノミ2号
(2012/5/20) フレームエンゼル
(2013/7/30) レモンピール
(2013/7/30) ナンヨウハギ
(2012/1/23) デバスズメ
(2012/5/8) マガキガイ
(2012/1/5) トサカsp
(2010/8/12) スターポリプピンク
(2012/3/22) ヌメリトサカ
(2012/9/15) マメスナ
(2013/02/10) ヒメジャコガイ
(2013/1/1) ウミキノコロングポリプ
(2013/2/1) スターポリプグリーン
(2013/4/12)

カレンダー
訪問者数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
6479位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
478位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。